サッカーレプリカユニフォームnavi  HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 内田篤人 > 内田篤人ユニフォーム特集(シャルケ)Schalke04













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

内田篤人ユニフォーム特集(シャルケ)Schalke04 

内田篤人。シャルケユニフォームの背番号22、日本代表ユニフォームの背番号6。「日本の右は最低10年は安泰」。2004年のプロデビュー戦で、そう予感させるパフォーマンスを見せた若きフットボーラーは、サイドバックの絶対条件たるスピードに絶対の自信を持つ韋駄天だ。やわらかいタッチでボールを操りながら、果敢に仕掛けるスピードに乗ったドリブル突破はマッチアップする相手にとって最大の脅威。快足を飛ばした攻撃参加はシャルカーたちを虜にしてやまない。スピードとともにSBに求められるクロスの精度も一級品。ニアへ鋭く送り込む高速低空飛行のアーリークロスはじめ、質の高いクロスから数々のチャンスを演出。ディフェンスで軽さを見せることもあるが、的確なポジショニングと先を読むプレーIQの高さでカバーする。


シャルケ10-12ホームユニフォーム22内田篤人
シャルケ10-12
ホームユニフォーム

シャルケ11-12アウェイユニフォーム22内田篤人
シャルケ11-12
アウェイユニフォーム

シャルケ11-12サードユニフォーム22内田篤人
シャルケ11-12
サードユニフォーム



1988年3月27日生まれ、静岡県出身。地元の函南SSSで本格的にサッカーを始め、地域トレセンの田方FCに参加。函南中学校から名門・清水東高校に進学。高2の時にカテゴリー別日本代表に初めて選ばれ、U-16日本代表MFとして2004年8月に開催された豊田国際ユースサッカー大会に出場。初戦オランダ戦では同点弾を放ち逆転勝利に寄与した。SBにコンバートされたのは高3になってからである。


鹿島アントラーズ(Kashima Antlers Football Club)
2006年に鹿島アントラーズに入団。キャンプ中から「右SBは内田で行く」と、アウトゥオリ監督に高評価を得て、2006年3月5日のJリーグ開幕戦vsサンフレッチェ広島戦にクラブ史上初となる高卒ルーキー開幕スタメン出場。敵陣で臆することなくドリブル突破を仕掛け先制PKを誘発した。3月21日の第4節vsヴァンフォーレ甲府戦26分にプロ初得点を記録。当時のJ高卒ルーキー最年少ゴール記録を塗り替えるなど華々しいスタートを切り、1年目から鹿島の右SBレギュラーに定着。その名を轟かせた。

鹿島Jリーグ3連覇中の2007年4月にA代表の合宿に初めて参加。6月30日から7月22日までカナダで行われ、ベスト16入りを果たしたU-20ワールドカップに全4試合フル出場。そして2008年1月26日、岡田ジャパンに召集され19才305日で国際親善試合vsチリ戦のピッチに立ちA代表デビュー!! 同世代の誰よりも速く日本代表の階段を駆け上がる。20才87日で出場した6月22日のワールドカップアジア地区3次予選最終戦vsバーレーン戦では、試合終了間際の90分に価千金の決勝ゴールを決め1-0の勝利の立役者に。この内田篤人A代表初得点は、日本代表ワールドカップ予選史上最年少ゴール記録である。6月11日~7月11日に開催された北京オリンピックでは1次リーグ2試合に先発フル出場した。

順風満帆に見えた歩み。だが、2009シーズン序盤に試練が訪れる。Jリーグ、ACL、代表戦と超過密をこなしてきた体が悲鳴をあげ、練習でも試合でも息が上がると嘔吐するようになってしまったのだ。全力プレーができなくなった結果、パフォーマンスは低下。鹿島と代表でレギュラーを張り続けるが、騙し騙しのプレーを余儀なくされ精彩を欠いていく。

2010年4月上旬、前年冬に顎、足、枕つき超VIP待遇で本拠地ゲルゼンキルヘンへ内田篤人を招待したシャルケから獲得正式オファーが届いた。6月13日に細部条件の詰めが終了しクラブ間合意に至り、7月1日付け完全移籍が公式発表に。推定移籍金は鹿島の要求通り1億5000万円。過去、日本人選手の欧州移籍に際し、移籍金減額を飲み苦虫をつぶしてきたJのクラブが、要求通りの数字を勝ち取ったのは異例中の異例のことである。

世界基準の駆け引きを体感する好機、6月11日に開幕した2010ワールドカップ南アフリカ大会は、岡田ジャパンが大会直前に専守防衛へと戦術転換したため不動のSBはベンチを温め続ける。出場時間0分。1試合も出場できず帰国。プロデビュー以来、初めて味わう挫折。だが、WC期間中に体を休めたことが功を奏し、1年以上苦しめ披露とストレスが原因と思われる嘔吐の症状は改善の方向に向かう。


シャルケ(FC Gelsenkirchen-Schalke 04 e.V.)
WC後、ドイツへ渡り7月13日にシャルケと正式に契約。推定年俸は欧州・南米選手級の2億1500万円。欧州移籍1年目の日本人選手歴代1位だったカズの1億円をはるかに上回る金額である。シャルカーからウッシーの愛称で呼ばれる内田篤人は8月7日のDFLスーパーカップvsバイエルン戦で公式戦デビュー。嘔吐の再発なく全力で90分間走り抜き、完全復活を遂げた。8月21日のブンデスリーガ2010/2011シーズン開幕戦vsハンブルガー戦59分からピッチに投入されブンデスデビュー。10月16日の第8節vsシュツットガルト戦でリーグ戦フル出場を果たし、レギュラーに定着していく。11月24日のUCLグループB第5節vsリヨン戦89分にクロスからフンテラールのゴールを演出し、チャンピオンズリーグ初アシストを記録。12月4日のブンデスリーガ第15節vsバイエルン戦でリベリーを完全に封じ込め、チームメイトとシャルカーから喝采を浴びるとともに揺るぎない信頼を獲得した。

2011年1月7日~29日までカタールで開催された2011アジアカップに召集。5試合に出場し日本代表4度目の優勝に貢献後、シャルケに合流。ブンデス後半戦も攻守に渡り活躍し続け、2月15日から始まったUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント全試合に先発フル出場。1回戦vsバレンシア戦、準々決勝vsインテル戦を制しクラブ史上初、そして日本人初となるベスト4進出を果たす。準決勝vsマンチェスター・ユナイテッド戦2ndレグ前日の5月3日には、UEFA公式サイトに内田篤人の特集記事がアップされている。シーズン終盤に調子を落としてしまったが、5月21日に行われたドイツカップ決勝vsデュイスブルク戦に81分から途中出場。シャルケ移籍後初タイトルを獲得し2010/2011シーズンを締めくくった。

新加入ながらレギュラーとして活躍し、日本代表の主力として戦い続けた疲労が考慮され、特別に長めのオフが与えられたシャルケ2年目。規定路線通りスロースタート&調整不足のまま開幕戦を迎えた。2011/2012シーズン序盤はベンチ入り出番なしが続いたが、8月28日の第4節vsボルシアMG戦で今季リーグ戦初出場。9月15日のUEFAヨーロッパリーグ開幕戦vsステアウア・ブカレスト戦で攻守に安定したプレーを見せ、上昇気流に乗り始めた。その後、怪我による戦線離脱、監督交代劇などが重なり出場機会が激減しているが、必ずや逆境を撥ね返しシャルケ右SBレギュラーに戻はずだ。少しでも気を抜けば落ちていく。必死にならないとやられる。不安要素ばかりだったドイツ1年目で得た我武者羅にフットボールと向き合うマインドが有る限り。



内田篤人 基本情報
本名
内田篤人
欧文
Atsuto Uchida
愛称
ウッシー、アツト、うっちー
ポジション
右サイドバック
背番号
22
生年月日
1988年3月27日
国籍
日本
出身地
静岡県田他郡函南町
身長
176㎝
体重
62㎏
契約
2010年7月1日~2014年6月30日
移籍金
130万ユーロ(約1億5000万円)
年棒
推定180万ユーロ(約2億1500万円)
プロデビュー
2006年3月5日 Jリーグ第1節 vsサンフレッチェ広島戦
代表デビュー
2008年1月26日 国際親善試合 vsチリ戦
シャルケ公式サイト
 http://www.schalke04.de/



シーズン
所属クラブ
リーグ
成績
背番号
2006シーズン
鹿島アントラーズ
Jリーグ
41試合出場2得点
20
2007シーズン
鹿島アントラーズ
Jリーグ
44試合出場1得点

2008シーズン
鹿島アントラーズ
Jリーグ
国内:27試合出場1得点
ACL:6試合出場1得点

2009シーズン
鹿島アントラーズ
Jリーグ
国内:35試合出場0得点
ACL:7試合出場1得点

2010シーズン
鹿島アントラーズ
Jリーグ
国内:9試合出場0得点
ACL:7試合出場1得点

2010/11シーズン
シャルケ04
ブンデスリーガ
国内:31試合出場0得点
UCL:11試合出場0得点
22
2011/12シーズン
シャルケ04
ブンデスリーガ
国内:
EL:
22



タイトル
鹿島アントラーズ
Jリーグ
2007シーズン、2008シーズン、2009シーズン
天皇杯
2007年
ゼロックススーパーカップ
2009年、2010年
Jリーグベストイレブン
2008シーズン、2009シーズン
シャルケ04
DFBポカール
2011年
ドイツスーパーカップ
2011年
日本代表
AFCアジアカップ
2011年





海外日本人選手ユニフォーム
▲シャルケユニフォーム特設コーナー(内田篤人マーキング入りユニ取扱い)▲



日本代表2012ユニフォームバナー
▲日本代表ユニフォーム特設コーナー(内田篤人マーキング対応ユニ取扱い)▲




内田篤人ユニフォームギャラリー
ギャラリー掲載中の写真は、内田篤人がプロのキャリアをスタートしてから現在に至るまで着用したモデルです。
掲載中の現行モデルの通販は当サイト別館「シャルケユニフォーム」「日本代表ユニフォーム」特設ページにてご案内中。
特設ページは上記掲出の海外日本人選手バナー、日本代表バナーをクリックするとジャンプ可能。ぜひお立ち寄りください!



鹿島アントラーズ2006/2007ホームユニフォーム
アントラーズ2006/07
ホームユニフォーム

鹿島アントラーズ2008ホームユニフォーム
アントラーズ2008
ホームユニフォーム

鹿島アントラーズ2008アウェイユニフォーム
アントラーズ2008
アウェイユニフォーム

鹿島アントラーズ2009ホームユニフォーム2内田篤人
アントラーズ2009
ホームユニフォーム

鹿島アントラーズ2010ホームユニフォーム
アントラーズ2010
ホームユニフォーム

鹿島アントラーズ2010アウェイユニフォーム
アントラーズ2010
アウェイユニフォーム

シャルケ10-12ホームユニフォーム22内田篤人
シャルケ10-12
ホームユニフォーム

シャルケ10-11ホームユニフォーム22内田篤人チャンピオンズリーグ
シャルケ10-11
UCLホームユニフォーム

シャルケ10-11アウェイユニフォーム22内田篤人
シャルケ10-11
アウェイユニフォーム

シャルケ09-11サードユニフォーム22内田篤人UEFAチャンピオンズリーグ
シャルケ10-12
UCLサードユニフォーム

シャルケ11-12ホームユニフォーム22内田篤人EL
シャルケ11-12
ELホームユニフォーム

シャルケ11-12アウェイユニフォーム22内田篤人
シャルケ11-12
アウェイユニフォーム

シャルケ11-12アウェイユニフォーム22内田篤人EL
シャルケ11-12
ELアウェイユニフォーム

シャルケ11-12サードユニフォーム22内田篤人
シャルケ11-12
サードユニフォーム

シャルケ11-12サードユニフォーム22内田篤人EL
シャルケ11-12
ELサードユニフォーム

シャルケ11-12サードユニフォーム22内田篤人2011ドイツカップ決勝
シャルケ11-12サード
2011ドイツカップ決勝


Coming Soon!!



Coming Soon!!


日本代表08ホームユニフォーム
日本代表2008
ホームユニフォーム

日本代表08アウェイユニフォーム
日本代表2008
アウェイユニフォーム

日本代表2010ホームユニフォーム
日本代表2010
ホームユニフォーム

日本代表2010アウェイユニフォーム
日本代表2010
アウェイユニフォーム

日本代表2012ホームユニフォームフォーモーション
日本代表2012
ホームユニフォーム

日本代表2012アウェイオーセンティックユニフォーム
日本代表2012
アウェイユニフォーム






[ 2010/11/21 17:50 ] 内田篤人 | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://football2009.blog14.fc2.com/tb.php/923-6409bce1













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。