サッカーレプリカユニフォームnavi  HOME > 歴代イタリア代表ユニフォーム > 【歴代サッカーユニフォーム】イタリア代表99ユニフォーム ユーロ2000予選着用













【歴代サッカーユニフォーム】イタリア代表99ユニフォーム ユーロ2000予選着用 

イタリア代表エンブレム2000
フットボールシーンへの浸透を目指して、アディダスやアンブロなどヨーロッパメーカーの牙城を切り崩し、ビッグクラブ、サッカー大国ユニフォームサプライヤーの地位を獲得してきた90年代のナイキ。95年からユニを提供してきたイタリア代表は、欧州におけるナイキの戦略の象徴的な存在だった。しかし、1998ワールドカップフランス大会が終わると、ナイキとカッパの間でサプライヤーの座をめぐり争奪戦が勃発。最終的にカッパが勝利を収め、アズーリの新ユニを手掛けることになった。

イタリア代表99/00ユニフォーム最大のサプライズは、選手着用ユニフォームにサプライヤーロゴが入ったことだ。過去、アディダス、ルコック、ディアドラ、ナイキなどいくつものメーカーがユニフォームを供給してきたが、メーカーロゴ掲出をアズーリはずっと拒んできた。しかし、このユニフォームからついに方向転換。右胸にカッパロゴマークがあしらわれたのだ。

カッパが送り出したイタリア代表ホームユニフォームは、Vネックのクラシカルなデザイン。タイトフィットのコンバットモデル(通称ピチユニ)は00/01モデルからで、99/00モデルは従来のサッカーシャツを踏襲したシルエットだった。UEFA欧州選手権(ユーロ2000)予選の終盤には、ネックデザインを変更し、ハイネックタイプが登場している。シンプルなホームユニフォームに対してアウェイは秀逸なデザイン。胸のパネルに用いられた鮮やかなアズーロがホワイトに映える。また、ハイネックや前身ごろが後ろ身ごろろよりも短い作りなども特徴的だ。マーキングは青い背番号にたいして胸番号は白だった。

ナイキ時代のエンブレムはスクエアタイプだったが、99/00ユニよりスクデットタイプが復活した。エンブレム上部には、イタリア代表の世界制覇数を物語る、3つのステラが刺繍されている。このステラ、試合によっては右袖に配置されることもあった。


イタリア代表99ユニフォーム

■ユニフォームサプライヤー:カッパ(kappa)
■ホーム:99ユニフォーム
■アウェイ:99ユニフォーム
■大会:ユーロ2000(UEFA欧州選手権2000)予選着用

■成績:4勝1敗3分
■監督:ディノ・ゾフ
■主要メンバー:ロベルト・バッジョ、ヴィエリ、トッティ、インザーギ、ザンブロッタ、フィオレ、デルピエロ、マルディーニ、カンナヴァーロ、トルド


イタリア代表99/00ホームユニフォーム
99ホームユニフォーム
※スクデットで販売中です



イタリア代表99/00アウェイユニフォーム

99アウェイユニフォーム


イタリア代表ユーロ2000(UEFA欧州選手権2000)予選の戦績と結果
ステージ
国名
結果
;国名
予選ラウンド
ウェールズ代表
0-2
イタリア代表
予選ラウンド
イタリア代表
2-0
スイス代表
予選ラウンド
デンマーク代表
1-2
イタリア代表
予選ラウンド
イタリア代表
1-1
ベラルーシ代表
予選ラウンド
イタリア代表j
4-0
ウェールズ代表
予選ラウンド
スイス代表
0-0
イタリア代表
予選ラウンド
イタリア代表
2-3
デンマーク代表
予選ラウンド
ベラルーシ代表
0-0
イタリア代表


ロベルト・バッジョ1999ユニフォーム


関連記事




コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://football2009.blog14.fc2.com/tb.php/393-645fd8fb