サッカーレプリカユニフォームnavi  HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> イタリア代表 > 【ユーロ2012】これが新生アズーリ! イタリア代表2012ホームユニフォーム(青×白×青)で世界王者相手に価値あるドロー(グループC第1節 2012.6.10)













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ユーロ2012】これが新生アズーリ! イタリア代表2012ホームユニフォーム(青×白×青)で世界王者相手に価値あるドロー(グループC第1節 2012.6.10) 

青×白×青のアンサンブルのイタリア代表と、赤×紺×赤のアンサンブルのスペイン代表。PUMA(プーマ)とadidas(アディダス)のフラッグシップチーム対決となったユーロ2012グループC初戦は、カテナチオから攻撃サッカーへと舵を切ったプランデッリ監督のプランをピッチで見事表現したイタリアが、ディフェンディングチャンピオン相手に素晴らしいパフォーマンスを発揮。1-1で引き分け勝ち点1を確保した。この日、誰よりも際立っていたのは、3バックに入ったデ・ロッシ。鋭い読みでことごとくラ・ロハのチャンスを潰してみせた。両サイドをワイドに使い縦へのバワフルな攻撃でスペインを苦しめたアズーリ。コンディション不安視線されたカッサーノも好プレーを連発。56分、バロテッリにかえディ・ナターレを投入した指揮官の采配は見事的中し、そのわずか4分後、ドリブルで駆け上がったピルロがオフサイドラインを逆手にるスルーパス!! ディ・ナターレが名手・カシージャスとの1対1を制し、先制ゴール奪取に成功したのだ。残念ながらセスク・ファブレガスにゴールネットを揺らされ同点とされたが、その後の投入された小兵のファンタジスタ、ジョビンコが起点となりあわや逆転のシーンも。試合終了間際の猛攻に耐え抜き、価値ある勝ち点1をアズーリが手にした。次節、イタリア代表は6月14日の第2節でクロアチアと対戦する。

ユーロ2012GS第2節記事⇒イタリアvsクロアチア



イタリア代表2012ホームユニフォーム11ディナターレ
イタリア代表2012ホームユニフォーム11ディナターレ
イタリア代表2012ホームユニフォーム11ディナターレ
56分にピッチに飛び出し、その僅か4分後にカシージャスとの駆け引きを制し
ゴールネットにシュートを突き刺した背番号11デ・ロッシ。セリエAを代表する
ストライカーもすでに34才と円熟の域に達する。
PHOTO:すべてGetty Images




イタリア代表2012ホームユニフォーム10カッサーノ
2011年10月に心臓疾患で倒れたが、不屈の闘志でよみがえったカッサーノ。
PHOTO:Getty Images




イタリア代表2012ホームユニフォーム16デロッシ
守備的MFのダニエレ・デ・ロッシはASローマでも
実績のあるCBに入りスペイン代表の攻撃を跳ね返した。
PHOTO:Getty Images



関連記事


[ 2012/06/12 01:45 ] イタリア代表 | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://football2009.blog14.fc2.com/tb.php/1974-c440797d













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。