サッカーレプリカユニフォームnavi  HOME > ユニフォーム雑学 > 欧州5大リーグにおけるナイキ、アディダス、プーマ3大メーカー占有率













欧州5大リーグにおけるナイキ、アディダス、プーマ3大メーカー占有率 

プレミアリーグ、リーガエスパニョーラ、セリエA、ブンデスリーガ、リーグアンにおけるナイキ、アディダス、
プーマのサッカーユニフォーム占有率に関するレポートが、海外サイト「SPORT+MARKT」で発表された。
2001/2002シーズンから2011/2012シーズンのデータが下のグラフである。2000年代前半に欧州
フットボールシーンへの浸透を計るナイキの攻勢に押されまくったアディダス。2008/2009シーズンを
ターニングポイントにユニフォームを供給するチームが上昇に転じ、2011/2012シーズンはナイキと
シェア率18%とトップを分かち合うまでに復活した。一方、プーマ。ここ数シーズンはナイキvsアディダス
のパートナーシップ獲得レースの余波を受け、シェア率7%と下降線をたどっている真っ最中だ。5大
リーグのユニフォームサプライヤーはこの3ブランドにより実に44%のクラブチームに供給されている。



●写真引用:SPORT+MARKT:European Football Kit Supplier Report



欧州5大リーグ3大ブランドサッカーユニフォーム占有率



関連記事


[ 2012/03/31 10:10 ] ユニフォーム雑学 | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://football2009.blog14.fc2.com/tb.php/1764-03925648